ホーム>スタッフブログ>2016年8月

2016年8月

共同通信配信・全国の地方紙に安全登山についてコメントを掲載

山の日を前に、共同通信社の配信で全国の地方紙に安全登山についての記事が配信され、橋谷 晃のコメントが掲載されております。

8/1頃から、順次掲載が始まっております。

7・20(水)テレビ東京「なないろ日和!」

今回の「なないろハイキング」は房総の鋸山を訪ね、山の自然と歴史、海の幸、そしてそこに生きる人との出会いを満喫しました。

鋸山はロープウェイを使えば簡単に行ける山ですが、今回は浜金谷駅から、車力道という歴史の道を麓から辿りました。

「天空の城ラピュタ」を想わせる石切り場の跡、山頂の絶景と絶叫(笑)

夏が終わると展望の良い日も多くなるので、暑さが一段落してから出かけてみると良いでしょう。

そしてハイキング後の立寄り処は3つ・・

まず古民家を活用した、こだわりコーヒーの「カフェえどもんず」
浜金谷駅や、フェリー乗り場のすぐ近くにあります。
雑味のない、コーヒー豆が持つ香りや旨み、透明感を出した味は、もう最高!
コーヒーの味でこれほど感激したのは、私は生涯で2回目です。
1回目は、俳優の藤岡弘、さんに淹れていただいたコーヒー。
感じたままに感想を申し上げたら、「わかりますか!!」と固い握手を求められ、
以降毎年年賀状を欠かさずくださる、とても素敵な方です。
そして今回。
じつは私、コーヒーの味は大好きなのですが、普段はあまり飲みません。
身体があまり受け付けないことが多いのです。
しかしこの2つのコーヒーは、身体にすーっと染み込んでゆく感じで、
身体が喜んでいるのがわかるのです。

オーナーのえどもんずさんは、
5年前の震災の際、一時海辺から灯りが消えてしまったのを見て、
海好きとして、何とか海辺を元気にしたいとの思いから、このカフェを始められたのだそうです。
そんなオーナーの志を感じられたのも、大きな喜びでした。

カフェえどもんずは
http://edomons.net/index.php
をご覧ください。

次に地魚回転寿司の「船主」
全国チェーンの回転寿司ではなく、すぐ脇の漁港で揚がった地魚が食べられる店です。
フェリー埠頭のすぐそばなので、待ち時間におすすめ。
伺ったときは、鯵がとくに美味でした。
http://thefish.co.jp/restaurant/funaosa/

そして3つ目は、明鐘岬にある「岬」カフェ
吉永小百合さんプロデュースの「不思議な岬の物語」という映画をご存じでしょうか?
その原作小説「虹の岬の喫茶店」モデルとなったカフェです。
映画もここで撮影されました。
心が温かくなる、とてもいい映画です。
普通の人の、普通の人生って、なんて素敵なんだ!って・・
ここに来ると、そんな映画の延長に入り込んだかのような、
まだ映画がこの場で続いているような、不思議な感覚に包まれます。
きっと、オーナーの玉木節子さんの、お人柄によるところが大きいのだと思います。
車で行かれた方は、ぜひ訪れてみることをおすすめします。
http://tabelog.com/chiba/A1206/A120603/12004072/
こちらもご覧ください。
http://www.bonichi.com/Guide/item.htm?cid=1&iid=1403

カフェのテラスにて

20168214310.jpg
 

ページ上部へ