ホーム>ツアーギャラリー>スノーシュー>北八ヶ岳スノーシュー
スノーシュー

北八ヶ岳スノーシュー

北八ヶ岳スノーシュー
北八ヶ岳スノーシュー
北八ヶ岳スノーシュー
北八ヶ岳スノーシュー
北八ヶ岳スノーシュー
北八ヶ岳スノーシュー
北八ヶ岳スノーシュー
北八ヶ岳スノーシュー

木風舎のサイトやパンフレットで、雪景色で場所を特定しない挿入写真の中で、最も多く使われている写真は、どこで撮られた風景でしょう?

じつは北八ヶ岳なんです。
それほど美しい雪景色に出会える確率が高いんですね。

ハッとするような、本当に日常離れしたような、純白に輝く雪景色・・

ここの主役は、霧氷に輝く樹々です。
霧や水蒸気が氷点下に冷やされて、樹々などの表面を覆い、
樹々が純白の氷でコーティングされた状態が、霧氷と呼ばれています。
(さらに霧氷が発達し、樹々の原型がわからないほどモンスター状になった造形は、樹氷と呼ばれています。
北八ヶ岳は、奥羽山脈のように積雪量が多くなく、湿気も少ないため、樹氷ではなく霧氷が広がります)

白く輝くサンゴとも、樹に咲いた氷の花とも言われる、幻想的な風景。

雪山特有の、濃いブルーの空が背景にあれば、それはたとえようもなく美しく、観る者を幸せな気持ちにしてくれます。

標高2000mを越える北八ヶ岳だからこそ、出会える風景。

といっても北八ヶ岳ロープウェイを利用しますので、体力的にはハイキング程度で楽しめます。

自然の造形美が楽しめる坪庭を始め、天候によって、大展望の北横岳や、縞枯山展望台、また広い雪原となった雨池や、森閑として静まり返った原生林などを、ゆっくり味わいながら歩きます。

北八ヶ岳ロープウェイ山麓駅に近い、料理が美味しいペンションに泊まりますので、ゆったりした気持ちになります。

ゆっくり歩いて、温かな気持ちで美味しいものを食べて・・

心が洗われるような充実した2日間です。

2018年は2/23(土)~24(日)に開催します。詳しくは下記をクリックしてください。

http://www.mokufusha.com/lesson/2018/11/22324.php

 

ページ上部へ