ホーム>お知らせ>自然学校を応援する「自然学校エイド基金」が立ち上がりました
お知らせ

自然学校を応援する「自然学校エイド基金」が立ち上がりました

新型コロナウィルスの影響で、経営危機に瀕した全国の自然学校を支援するクラウドファンディング「自然学校エイド基金」が始まりました。
木風舎も賛同団体になっております。

自然学校とは自然を舞台に自然体験やエコツアー等を提供する事業体です。
新型コロナウィルスの影響により、長期の休業を余儀なくされ、業務再開後も参加定員の削減など、従来のようには仕事を続けられない事業体が多く、木風舎も加入する(公社)日本環境教育フォーラムNPO法人自然体験活動推進協議会(一社)日本アウトドアネットワーク3団体によるアンケート調査では、6割強の自然学校が廃業の危機に直面していると回答しています。

自然体験は人間の成長や、人生の喜びにとって、なくてはならないものです。
上記の3団体では自然学校の存続のために、このクラウドファンディングを立ち上げました。

自然学校を指定せずに、広く全体を支援するコースと、自然学校を指定して支援するコースがあります。
(木風舎もこの中に入っています。自分のことは、なかなか言い出しにくいですけど^^;
苦しい業種が他にもたくさんあるので、本来は何とか事業努力と工夫で乗り切りたい、と考えているのですが、さすがに一事業体の努力だけではどうしようもない部分もあり、この先は苦しいだろうな・・というのが正直なホンネです)
どちらのコースでも、もしお気持ちがありましたら、ご支援お願いできましたら、幸いに存じます。
(山小屋エイドとか、人のことなら積極的に呼びかけられるんですけど、こと自分のこととなると・・ガイドという人種は、人助けならほとんど反射的に動けるんですけど、どうもこういうの苦手で・・^^;

ご興味のある方は、以下のサイトからお願いいたします。
(上記3団体の加盟団体は、子どもたちの自然体験事業を実施している団体が多く、子どもたちの自然体験中心の表現になっていますが、ここには大人の自然体験も含まれます)

https://a-port.asahi.com/projects/nature-school-aid/

ページ上部へ