ホーム>講習メニュー>登山・トレッキング>7・27~28 乗鞍岳・雲上の別天地で花畑、夕陽、ご来光、星降る夜
登山・トレッキング

7・27~28 乗鞍岳・雲上の別天地で花畑、夕陽、ご来光、星降る夜

7・27~28 乗鞍岳・雲上の別天地で花畑、夕陽、ご来光、星降る夜
■講習番号 19215 ■状況 お申込み受付中
■日程 2019-7-27~2019-7-28 ■開催地 長野県(岐阜県)・乗鞍岳
■対象 ☆(初心者対象ですからどなたでも) ■参加費(円) 15000
資料をPDFで表示する 講習資料を請求する この講習に申し込む

※ご案内をご覧になるにはAdobe Readerをお使いください。 Adobe Readerはアドビシステムズ社のページから入手できます。[Adobe Readerを入手する]

土曜~日曜コース。

北アルプス乗鞍岳、標高3026m。

3000m峰にもかかわらず、畳平からコースタイム2時間弱の登りで、山頂に立つことができます(実際には、この倍くらいの時間をかけて、いろんなものを見ながらゆっくり歩きますけど^^)。

行程は手軽なのに、風景はかなり本格派

初めての北アルプスにもピッタリです。

1日目、標高2700mの畳平まではバスで行くことができます(交通機関で行ける日本最高所です)。

お昼過ぎに集合し、荷物を置いて、この日は近くのお花畑を散策。
ミヤマキンポウゲの黄色、ハクサンイチゲの白、そして珍しいクロユリの群落・・さまざまな色の高山植物の群落が、草原に咲き乱れます。

今回のハイライトの一つは、稜線の山小屋・白雲荘に泊まること。
山小屋といっても畳平から徒歩5分。
電気もお風呂もある、新しい綺麗な山小屋で、部屋も予約制で独立して確保され、混雑とも無縁です。
畳平の駐車場から少し離れているので、畳平の賑わいからも切り離されて静かです。

標高2700mの北アルプス稜線に泊まるということは、大きな楽しみが・・

まず雲海のかなたに沈む夕陽
歩いて20分の魔王岳に登れば、西の空を茜からピンク、そして群青色に至るグラデーションに染める壮大な夕焼けを見るチャンスがあります。

夜には降り注ぐような満天の星空
空に近い2700m、しかも周囲に灯りはありません。本物って、プラネタリウムよりずっとすごいんだ!を実感していただけるかもしれません。
白雲荘ホームページの動画を、ぜひご覧ください)

朝にはモルゲンローテとご来光
徒歩20分の大黒岳山頂から眺めます。

壮大な地球のロマンを感じるこれらの自然事象が、ほぼ居ながらにして見られるわけです。

2日目乗鞍岳登頂

標高2700mに1泊したので、身体が慣れて高度の影響を受けにくいというメリットも。

富士見岳を経て、眼下に見える不消ヶ池は、かつて氷河が削ってできた湖で、雪渓が溶け込む湖水は、何ともいえない透明なブルーです。

肩の小屋を経て山頂への道にも、コマクサをはじめとした、岩の間から可憐に花を咲かせる高山植物たちが見られます。

そして山頂からは、もちろん360度の大展望

晴れていれば、槍穂高をはじめ、立山あたりまでずっと見える北アルプスの峰々。南アルプス、中央アルプス、御岳山・・眼下には、乗鞍高原が箱庭のように見えます。

夏山のたくさんの楽しみを、ギュッと詰めたような2日間です。

1日目:畳平周辺の高山植物花畑めぐりと、魔王岳からの夕陽(散策程度)
2日目:白雲荘~乗鞍岳往復~白雲荘(歩程3時間半。登り標高差330m、下り標高差330m)+朝、大黒岳へご来光を見に往復30分

対象:☆(初心者対象ですからどなたでも)

定員12名

ガイド
橋谷 晃(NHK「にっぽん百名山」シリーズや、テレビ東京「なないろ日和!」など、数多くのテレビ番組でおなじみのガイド。木風舎代表。(公社)日本山岳ガイド協会公認ガイド、他)
橋谷水樹(誠実な人柄で人気の木風舎所属ガイド。(公社)日本山岳ガイド協会公認ガイド、FIS公認テレマークスキー世界選手権元日本代表)
(ガイドは変更となる場合があります)

「ツアーギャラリー」ページ(←クリック)に過去の写真を掲載しています。

集合:9:45松本駅(あずさ1号)、または12時半に畳平

解散:13時過ぎに畳平、または16時頃に松本駅

ページ上部へ