ホーム>講習メニュー>登山・トレッキング>10・5~6 紅葉の北八ヶ岳・苔の道を歩く
登山・トレッキング

10・5~6 紅葉の北八ヶ岳・苔の道を歩く

10・5~6 紅葉の北八ヶ岳・苔の道を歩く
■講習番号 19225 ■状況 お申込み受付中
■日程 2019-10-5~2019-10-6 ■開催地 長野県・北八ヶ岳
■対象 ☆(初心者対象ですからどなたでも) ■参加費(円) 14500
資料をPDFで表示する 講習資料を請求する この講習に申し込む

※ご案内をご覧になるにはAdobe Readerをお使いください。 Adobe Readerはアドビシステムズ社のページから入手できます。[Adobe Readerを入手する]

アルペン的展望と原生林、苔、湖・・神秘とロマンの山・北八ヶ岳

森と湖の山」といわれる北八ヶ岳は、初心者でも比較的手軽に、アルペン的な大展望を楽しむことができ、苔むした原生林と、山中にひっそりと点在する神秘的な湖が魅力です。

その個性を際立たせるのは、何といっても分厚い苔の存在。
倒木や石を厚く覆い、凹凸の緑の大地となって、累々と続くふかふかの苔は、太古の昔から続く時の流れを感じさせてくれます。

1日目はその魅力を満喫すべく、にフォーカスして歩きます。

まず、日本を代表する苔スポットとなった白駒池。
紅葉でも有名な白駒池は、真紅の葉が湖面に映える見事な季節を迎えます。

池を1周してふかふかの苔紅葉を満喫した後は、さらに訪れる人のほとんどいない「苔の道」へ。

斧断ちの森」から五辻にかけて、歩くたびに私はカナダの森林を想い出します。
あるいは、写真でしか見たことのない、フィンランドの森。
そして、レイチェル・カーソンの「センスオブワンダー」に記された、メイン州の森。

白駒池の苔も美しいけど、人が多くて・・と思ってらっしゃる方は、この「斧断ちの森」と「苔の道」なら満足できるでしょう。
五辻から坪庭に出て、ロープウェイで下ります。

ロープウェイ山麓駅に近い温泉付きペンションに、ゆったり泊まります。

2日目はふたたびロープウェイで上がり、日本庭園のような坪庭から、まず三ツ岳へ。
三ツ岳は北八ヶ岳にしては珍しい、ちょっとゴツゴツした山で、ピークが目立たないためか訪れる人の少ない、静かな山歩きが楽しめます。
累々と重なる溶岩がちょっと難儀ですが、静けさと雰囲気は一級品です。

さらに大展望の北横岳に登ります。
山頂からの展望は、晴れていれば超一級。
八ヶ岳に連なる山々をはじめ、北アルプス、中央アルプス、南アルプス、奥秩父・・
そのスケールは、ここまで来ただけの甲斐があります。

1日目:白駒池~麦草峠~苔の径~斧断ちの森~五辻~坪庭~ロープウェイで下山、徒歩10分のペンション泊。(歩程3時間半。登り標高差210m、下り標高差80m)

2日目:ロープウェイで上がって~坪庭~三ツ岳往復~横岳~坪庭~ロープウェイで下山。(歩程4時間半。登り標高差250m、下り標高差250m)

安心して自然を楽しめる、ゆったりプランです。

おすすめポイント

・白駒池畔の鮮やかな紅葉(本当に見事です)

・白駒池周辺の神秘的なふかふかの苔の森(まるで「もののけ姫」の世界のようです。JR東日本のCMでもおなじみ)

・麦草峠~五辻の静かな苔の道(苔の美しい、あまり人の通らない道です。カナダの森林地帯に似ています)

・日本庭園のような坪庭

・三ツ岳へ向かう静かな道(三ツ岳分岐からはあまり人の通らない道で、深山の雰囲気が味わえます)

・七ツ池畔の紅葉(ひっそりとした、雲上の池です)

・北横岳からの大展望

・ペンショでの宿泊と料理、温泉

ガイド
橋谷 晃(NHK「にっぽん百名山」シリーズや、テレビ東京「なないろ日和!」など、数多くのテレビ番組でおなじみのガイド。木風舎代表。(公社)日本山岳ガイド協会公認ガイド、他)
橋谷水樹(誠実な人柄で人気の木風舎所属ガイド。(公社)日本山岳ガイド協会公認ガイド、FIS公認テレマークスキー世界選手権元日本代表)
(ガイドは変更となる場合があります)

集合:10/5(土)10:37白駒の池バス停(あずさ1号接続)

解散:10/6(日)17時半頃に茅野駅(あずさ30号が目安)

※「ツアーギャラリー」のページに、写真を掲載しています。どうかご覧ください。

https://www.mokufusha.com/gallery/2019/04/-10.php (←クリック)

ページ上部へ