×
ホーム >ガイド・講習メニュー >8/17(土)、18(日) 夏の花咲く入笠山へ
ガイド・講習メニュー

8/17(土)、18(日) 夏の花咲く入笠山へ

■講習番号 24152 ■状況 お申込み受付中
■日程 2024-08-17 ~ 2024-08-18 ■開催地 長野県・富士見高原
■対象 ☆(初心者対象ですからどなたでも) ■参加費(円) 8000
資料をPDFで表示する 講習資料を請求する この講習に申し込む

※ご案内をご覧になるにはAdobe Readerをお使いください。 Adobe Readerはアドビシステムズ社のページから入手できます。[ Adobe Readerを入手する ]

お好きな1日を、日帰りで楽しめます。

日帰り圏なのにゴンドラ利用で標高が高いから涼しく、そして何といっても夏の花が多い!!

入笠湿原を埋め尽くす、エゾリンドウやサワギキョウ、ワレモコウ、マツムシソウ・・
夏の後半はなぜ、ブルー系の花が多いのでしょう?

もちろんマルバダケブキやアキノキリンソウ、シシウド、チダケサシ、クサレダマ、コオニユリ・・など黄や白、ピンク、オレンジの花々もいっぱい!

さらに山野草公園には、ユウスゲ、レンゲショウマ、フシグロセンノウ・・見たいと思っていた夏の花々が、ここに来ればあります

なぜここにはこんなに花が多い!と驚きの声を上げたくなります。

標高1800mの涼やかな高原の風に吹かれながら、湿原や草原を歩き、樹林を抜け、入笠山頂にたどり着けば、晴れていれば抜けるような大展望
大きく裾野を広げる八ヶ岳をはじめ、北アルプス、中央アルプス、南アルプス、奥秩父・・
日帰りでこんなに手軽に、これだけ豪華な大展望に出会えるの?という不思議な山です。

アプローチはゴンドラを利用しますから、初心者でも大丈夫。

またご希望の方は、ガイドと一緒に避暑を兼ねて、食事のおいしいヒュッテ入笠(旧マナスル山荘本館)に後泊・前泊することもできます

東京から日帰りもできる涼しくて花の多い夏山って、なかなかないですよね。

ゴンドラ山頂駅~山野草公園~展望台~入笠湿原~ヒュッテ入笠~お花畑~入笠山頂~入笠湿原~ゴンドラ山頂駅(歩程3時間。登り標高差200m、下り標高差200m)

対象:☆(初心者対象ですのでどなたでも)

定員:7人

ガイド
橋谷 晃(NHK「にっぽん百名山」シリーズや、テレビ東京「なないろ日和!」など、数多くのテレビ番組でおなじみのガイド。木風舎代表。(公社)日本山岳ガイド協会公認ガイド、他)

集合:10:15富士見パノラマゴンドラ乗り場付近(電車の方は新宿7:30あずさ3号に接続して無料送迎バスあり。お車の方は無料駐車場あり)

解散:15:45頃、富士見パノラマゴンドラ乗り場、富士見駅までタクシー乗合(電車の方は16:30富士見→18:45新宿あずさ44号など)


8/17(土)、18(日) 夏の花咲く入笠山へ

8/17(土)、18(日) 夏の花咲く入笠山へ

8/17(土)、18(日) 夏の花咲く入笠山へ

8/17(土)、18(日) 夏の花咲く入笠山へ

8/17(土)、18(日) 夏の花咲く入笠山へ

8/17(土)、18(日) 夏の花咲く入笠山へ